歩行・移動

自分の足で歩く! 高齢者用・介護用の杖の賢い選び方・使い方

最近、「腰や脚が弱くなってきた」「つまづくことが多くなってきた」と感じていませんか。できる限り自分の足で歩きたいと思い、介護予防のために運動を取り入れている方も多くいます。そんな方にご提案です。安全に歩くための補助として杖を使ってみてはいかがでしょうか。今回は、普段の生活で歩くための補助として杖を探している方に、杖の正しい選び方や使い方を紹介します。

1.足の力の衰え

最近、散歩や買い物など普段の生活の中で次のようなこと感じてませんか?足の筋力や身体を支える力が衰えてくると起こる症状です。

  • つまづきやすくなった
  • 歩くのが遅くなった
  • 足元がふらつく
  • 背中が丸くなった

2.杖の種類

いつまでも自分の足で歩きたいですね。そんな方におすすめなのが杖の活用です。杖を使うと、次のような効果があります。

  • 安定した歩行
  • 足腰の負担を少なくする
  • 転ぶのを予防する

杖には、色々な種類があります。

1本で使う杖
(1本杖)

両手に持つ2本で使う杖(2本杖/ウォーキングポール)

地面に触れる部分が4つ足になっている杖(多点杖)

長さが調節できる杖(収縮杖)

折り畳みできる杖(折りたたみ杖)

3. 杖選びのポイント

どのような場面で使うか、歩く力がどれくらいあるかによって杖の選び方が違います。杖は、歩くときの補助として使用します。歩けなくなったから、杖に頼るものではありません。ですから自分で歩くことができない方は、杖は危ないため使えないのです。歩く補助、介護予防の運動、リハビリテーションとして、杖をどのように選ぶかという観点でお話します。

① 身長に合った長さを選ぶ

いつも履く靴を履いてから選びましょう。腕を下ろした正しい立ち姿勢で、杖を体側に垂直に立てます。小指側の手首の骨が出ているところが持ち手の位置の目安となります。歩行のときに、肘が軽く曲がる程度の長さが適しているといわれています。

② 持ち手(グリップ)の形や素材

一般的な木製のグリップの他、ファッション性の高いアクリル素材、樹脂製やソフトグリップなどの手にやさしく滑りにくい素材など様々です。

③ 安定感がある杖の先ゴム

杖の地面に当たる部分(先端)は、安定感があるものを選びましょう。また、滑り止めが施され、雨の日やマンホールなどの滑りやすい場所での転倒予防になる素材でできている杖がおすすめです。

 

4.2本杖がおすすめ

たくさんの種類がある杖ですが、安定感があり、姿勢も崩れにくい2本杖がおすすめです。

① 両足と2本杖で支えるため、安定感がある

杖を使用しないと両足の幅だけで身体を支えます。しかし、2本杖を使用すると、足と2本の杖の4点で身体を支えることになります。身体を支えるための接地面が広がるため、安定感が得られます。

② 両手で持つため姿勢が崩れにくい

どちらか片方の手で杖を持つと、杖にかかる力によって身体が左右どちらかに傾きがちです。そのため、姿勢が崩れやすくより足や腰に負担になってしまいます。2本杖を使用すると、両手に杖を持っているため、2本の杖に均等に力がかかり自然で正しい姿勢を保つことができます。

③ 余計な力がいらず、疲れにくい

持ち手の部分は、自然な角度を保って握りやすく工夫されています。また、力を入れて握らなくても安定して持てるようにストラップがついています。このように、2本杖は体の負担や安定感を考慮したつくりになっており、歩行に不安がある方の日常生活で用いられているほか、病院や介護施設でも体力作りや介護予防の運動、リハビリテーションの場面で多く取り入れられています。さらに手軽にできる全身運動「ポールウォーキング」として老若男女に親しまれています。

画像提供:PIXTA

まとめ

杖は身体を支えるだけでなく、自分で歩いて移動したいという気持ちや喜びに寄り添います。2本杖で自然な姿勢を保ち、安全に楽しく歩きましょう。

くらそっとねっとで使える、お得なクーポンがあります!

今なら、くらそっとねっとで使える《5%OFF》クーポンがもらえます!
下記ボタンから「申し込みページ」にて、必要事項をフォームにご入力いただければメールにてクーポンコードを発行いたします。
お得にお買い物ができる機会です。お見逃しなく!

申し込みページへ

コメントを残す

*