住宅改修

高齢者・シニアにとって楽しみな入浴。 実は転倒やヒートショックなど、多くのリスクが潜んでいます!

第3回「脱衣所・浴室」の問題点

ご自宅で多くの時間を過ごす高齢者・シニアにとって、
入浴は心身ともにリラックスできるとても貴重な時間・行為です。
ただしそれとはうらはらに入浴という行為には、さまざまなリスクが伴います。
今回は、脱衣室・浴室のどんな行為に危険が伴うのか、どんな場所にリスクが潜んでいるのかを検証してみましょう。

入浴は、高齢者・シニアにとって危険性が高く、難易度の高い行為です。

高齢者・シニアにとって入浴は日常生活の中で最も危険性が高く、難易度の高い行為です。それは、着脱衣から一連の入浴に関する行為が、比較的狭い空間、床が濡れて滑りやすい場所で行われるためです。さらに入浴には、腕の上げ下げ、立ち上がったり座ったりなどの複合的な動作が必要となることが理由です。高齢者と介助するご家族等が、少しでも安全安心に入浴できるにはどうしたら良いか、問題点と解決策を考えてみました。

脱衣室の見直しポイント

脱衣室は、洗面所や洗濯場と兼用になっていることが多く、洗面台の他に洗濯機が設置されています。加えてタオルや入浴・洗濯に必要なストック品が置いてあったりと、人が動けるスペースは意外と少ないことが多いです。その限られたスペースのなかで、衣服の着脱衣を行う必要があります。
衣服の着脱衣は、身体の動きがあるだけでなく、特に腕の上げ下げなどの大きな動作が伴います。その際には、脱衣室に設置されているもの(周囲の壁や扉も含む)に身体をぶつけないように留意が必要です。また着脱衣には転倒リスクの高い片足立ちになることもあり、壁、扉、手すりなどを掴み身体を支えることも多くあります。この時注意したいのが、手すりとして設置されているもの以外を掴むこと。特に浴室扉の取手を手すり代わりに使用している場合は注意が必要です。これは身体を支えるために作られているわけではないので強度が低く、荷重を支えきれず壊れる可能性があります。身体の重みを手すりに預けているため、そのまま転倒したり、扉への衝突にもつながります。狭いスペースで安定した体勢で着脱衣を行うための工夫が必要です。
さらに衣服を脱ぐということは冬場には寒い空間に身体がさらされることになります。急激な温度変化による身体への負担へた対策も重要です。
高齢者が介助者のサポートにより着脱衣を行う場合は、脱衣室の狭さを考慮し、どのような介助動作を行うのか、高齢者本人にはどのうような体勢をとってもらうのか(例えば椅子に座ってもらうなど)の検討が必要でしょう。
また、脱衣室の床は、浴室からの水や浴室から出てきた人から滴り落ちる水滴で、非常に滑りやすくなりますので、高齢者本人、介助者ともに留意が必要です。

浴室の見直しポイント

浴室は寒暖差の大きな場所です。浴室自体が寒いのに加え、裸でいるためなおさら寒さを感じます。一方で、暖かな浴槽に浸かる、暖かなシャワーを浴びるという行為が伴い、この大きな温度差が身体に負担を与えます。
また浴室は、足元が濡れていて滑りやすいく転倒の危険性が高いこと、水栓やシャワーヘッドなどの硬い突起物も多いこと、加えて衣服を着ていない状態のため身体を傷つけやすい環境であるとの認識が必要です。
さらに浴室では、脱衣室と同様にさまざまな身体の動きが発生します。立ち座り動作が多く、その都度滑り、転倒への注意が必要です。また浴槽への出入りの際は、片足立ちとなること、洗い場床面よりも浴槽底面は低いので、浴槽をまたぐ時に身体が傾き重心がずれて、バランスが崩れることにも注意が必要です。
介助入浴の場合は、高齢者と一緒に介助者も浴室に入るため、一般的な住宅の浴室ではかなり狭さを感じるでしょう。そのような環境でさまざまな動作が生じますので、水栓やシャワーヘッドなどの浴室内の突起物へぶつかることには気をつけないとなりません。
浴室から脱衣室への水の流れを抑えるため、扉部分に段差が設けられている場合があります。また同様の理由で、浴室の床に脱衣室側から浴室側へ緩やかな勾配が取られていることもあります。緩やかな傾斜ですが、高齢者にとってはつまずき、転倒の原因にもなります。浴室と脱衣室の境界が平坦な場合は、洗い場の水が脱衣室に流れでやすく、滑りやすくなるので注意が必要です。

 


 

この記事の執筆者

村井 裕樹
日本福祉大学 健康科学部 福祉工学科 建築バリアフリー専修 准教授

●略歴
1995/03.日本大学 理工学部 卒業 学士(工学)
1999/03.日本大学大学院 理工学研究科博士前期課程 修了 修士(工学)
2002/03.日本大学大学院 理工学研究科博士後期課程 修了 博士(工学)

●主な研究テーマ
・高齢者や障害者の建築環境に関する研究
・福祉施設や病院における火災時の避難安全に関する研究

 
 
 

My エデンの園〈創造〉計画プロジェクトとは
いつまでも安心・安全に、自分の家で暮らすために。

いつまでも安全に安心して、慣れ親しんだ自分の家で暮らしたい。
それは、多くの方が望むことです。ただ、残念ながら、毎年30,000人以上の高齢者が「不慮の事故」で亡くなっています。厚生労働省「人口動態調査」調査票情報によると、「自然災害」、「交通事故」を除いた「不慮の事故」の死亡者数も増加傾向にあり、特に「誤嚥等の不慮の窒息」、「転倒・転落」、「不慮の溺死及び溺水」については「交通事故」より死亡者数が多いことが報告されています。
これは、高齢になるにつれて心身機能が低下することが大きく影響しています。「少し足が上がりづらくなった」、「ふとしたことで態勢を崩してしまう」ということが増えてきます。これまで何の不安も危険も感じることなく過ごしていた家のあちこちが、高齢者にとっては転倒や転落のリスクをはらんだ危険な場所へと変わってしまうのです。そして、そのリスクを回避するために、自分なりの対応方法を見つけていくのですが、それは自分の体・行動をその家に潜むリスクに慣れさせてしまっているだけで、根本的な問題解決にはなっていないのです。

今回、私たちは、そのような家の中にあるリスクについて、日本福祉大学健康科学部福祉工学科建築バリアフリー専修の村井准教授、そして研究室に所属する学生のみなさんとともに、改めて調べてみました。建築バリアフリー専修は、「福祉社会に求められる役割を果たすため、福祉や環境の目で考える建築の専門家に」をテーマにしています。
今回は、安心して、いつまでも暮らせる「理想の家」をコンセプトに「My エデンの園〈創造〉計画プロジェクト」と題して、シリーズで家の中で気を付けないといけないこと、そしてその解決方法をご提案して参ります。

尚、住宅改修や福祉用具については、介護保険を利用したサービス、各行政で行っている独自のサービスもあります。詳しくご相談したい方は当社窓口または、地域包括支援センターやケアマネージャーの方にご相談ください。

 

画像提供:PIXTA

コメントを残す

*