特集〈LINKED-Plus〉

生活圏の中で心臓病の治療を完結させる。

優秀な循環器内科医が安城更生病院から赴任。
専門医5名体制で、西尾市民の心臓を守る。

24時間365日緊急治療に対応。

晩夏のある日、西尾市民病院を訪ねると、病棟で患者の歩行訓練に付き添う医師の姿があった。同院の循環器内科に赴任して間もない、子安正純医師である。付き添っているのは、先日、急性心筋梗塞で救急搬送され、子安が心臓カテーテル治療(PCI)を行った患者である。PCIは、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に挿入し、詰まった冠動脈を再開通させる治療法だ。開胸手術に比べて体への負担を少なく抑えられ、治療後は速やかに普段の生活に戻ることができる。とはいえ、高齢患者の場合、入院中にできるだけ意識して体を動かすようにしないと、筋力や体力が低下してしまう。子安は、体を動かすことに強い不安感を感じていた患者を励まして、廊下の歩行に連れ出したのだ。「心筋梗塞や心不全の患者さんは、入院中にできる限り体を動かすことがスムーズな生活復帰に繋がります。こうしたリハビリテーションの体制を構築したいと考え、目下、理学療法士などに働きかけているところです」と子安は意欲的に話す。

子安は赴任前、安城更生病院の循環器センターの第一線で腕をふるってきた辣腕ドクターである。PCIを専門として、豊富な臨床経験を蓄積。特に、大動脈弁狭窄症に対する最新治療〈TAVI(タビ)〉の立ち上げメンバーとして尽力し、西三河南部西医療圏に最先端の治療を広げてきた実績を持つ。現在も、安城更生病院でTAVIの適応が決まると、子安医師が指導医として出向き、治療を指揮するとともに、若手医師の指導に力を注いでいる。

 

コメントを残す

*