コロナ禍でも気をつけるべき病気・健康情報:乳がん

月に一度のセルフチェックで、乳がんのしこりを見逃さない!

乳がんから身を守るために大切なのは、早期発見・早期治療。そのために大切なのは、定期的な検診とセルフチェックです。乳がんがそろそろ気になる年齢になってきた「あなた」。正しいセルフチェックの方法をご存じですか?!

日本人女性の誰もが気にしてほしい乳がん。

日本人女性の11人に一人は、乳がんを患うといわれています。女性のがんのなかでは第1位のがんであり、年齢的には、20歳代から徐々に増え、30歳代に急激に増加、40歳代後半から50歳代がピークとなります。つまり、大人になったら、女性の誰でもが「乳がん」という言葉を気にする必要があります。

では、日本人女性のがんによる死亡率も、乳がんが第1位かというと、そうではなく第5位です。さらに、治療後の見通しが比較的良好で、治癒の目安とされる5年相対生存率も90%以上(※ステージ1の場合)と高い数字です。その鍵は、早期発見にあります。

早期発見には、定期検診と、しこりを見つけるセルフチェック。

早期発見するには、二つの方法があります。一つは、定期検診。市町村には、厚生労働省が推奨するがん検診の一つに、乳がん検診があり、40歳以上・2年に1回の受診を勧めています。また、医療機関のなかには、乳がんドックを実施しているところもあります。こうした検診を利用し、定期的にチェックすることはとても重要です。

そして、もう一つは、セルフチェック(自己検診)です。乳がんの自覚症状には、乳頭からの異常分泌、乳頭や乳輪のただれといったものがありますが、分かりやすい症状として、しこりがあります。このしこりは、がんが5mm~1cmになると、注意深く触れば分かるようになります。乳がんの場合、良性のしこりと違い、あまり動かず硬いのが特徴です。もちろん、他のがんでもしこりは見られますが、自分で触って確かめることは難しいものです。

従って、自分でしこりをいかに早く見つけるかが、早期発見に繋がります。実際に、日常生活において、乳がんに気付いた理由の一番はしこりです。

セルフチェックは月に一度。乳房の上部外側から脇の下は念入りに。

乳がんのセルフチェックは、月に一度、自分の覚えやすい日を決めて行うようにしましょう。閉経前の方は、異常の分かりやすい出血が終わって4~7日後に行います。

セルフチェックで、特に気をつけていただきたいのが、乳房の上部外側から脇の下にかけて。乳がんはこのあたりにできやすいため、特に念入りにチェック・確認しましょう。また、習慣的に、自分の乳房を触った感覚を覚えておくのも大切です。

<乳がんのセルフチェック(自己検診)方法>
●目で確認する
鏡の前で、腕を上げ下げして、乳房にひきつりやくぼみ、左右の非対称がないか、また、乳頭にくぼみやただれがないか、目で確認します。

●しこりを探す
仰向けに寝て、4本の指を揃え、その指の腹で乳房をやさしくなでる、指の腹で軽く圧するようにして、しこりがないかどうか、まんべんなく触れていきます。

●分泌物を確認する
最後に、乳頭をつまみ分泌物がないかどうか調べます。しこりを探しにくいときは、入浴の際、手に石鹸をつけて行うと、しこりの有無が分かりやすくなります

(セルフチェックの詳細は、WEBセミナーでお教えします)

「もしかしたら」と思ったら、乳腺専門医がいる病院を受診する。

定期検診、セルフチェックと、乳がんの早期発見に結び付く情報を紹介しました。読者のなかには、がん検診で異常があると言われたものの精密検査に行っていない、あるいは、セルフチェックで気になるしこりがある、といった方もいらっしゃるかもしれません。そうした場合は、迷うことなく医療機関を受診し、精密検査をお受けください。

記事監修:岡崎市民病院 乳腺外科 統括部長 村田 透


いかがでしたか。今回は乳がんのセルフチェックの重要性についてご紹介しました。乳腺専門医の探し方、セルフチェックのポイントなど、さらに詳しく知りたいという方は、WEBセミナー「乳がん検診で異常を指摘されたら」にぜひご参加ください。

参考文献
■厚生労働省「乳がんになりやすい人ってどんな人?」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000152650.pdf

■国立がん研究センター「がん情報サービス」がん登録・統計
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html


画像提供:PIXTA

【録画配信/WEBセミナー】乳がん検診で異常を指摘されたら

「乳がん検診で異常を指摘されたらどうすれば良い?」
ーーがん検診やセルフチェックの重要性、精密検査や診療の流れ、医療機関の選び方など、乳腺の専門家が丁寧にお話しします。
ぜにご覧ください。

詳細・視聴申し込みはこちら

コメントを残す

*