乳がん治療の専門医師が、「あなた」を支えます。

進歩した乳がんのオーダーメイド治療を提供。

がんのなかで、女性に最も多いのが乳がんです。20歳代から徐々に増え、ピークは50歳代。女性には、充分に意識してほしい病気です。しかしながら、乳がんの治療はここ10年で大きく進歩し、さまざまな治療法があります。私たち乳腺外科では、一人ひとりの患者さんに合ったオーダーメイド医療を、患者さんと一体となって診療を進めていきます。診断・治療のこと、そして、療養生活、再発防止など、乳がんに関する私たちの知識を、あなたの知恵とするために、本サイトをご活用ください。

乳がん治療の豊富な経験を持つ専門家集団。

当院の乳腺外科には、乳癌学会乳腺認定医・専門医・指導医が顔を揃えています。一人ひとりが乳がんの豊富な治療経験と一定以上の診療知識を持つ、乳がんの専門家です。専門医のなかでも乳がん専門医は全国でも少なく、2021年1月現在で1,652名(日本乳癌学会認定)しか存在しません。それだけに私たち自身、乳がん治療のエキスパートとして、この地域の方々により確実、そして、より良い治療を提供することを使命としています。乳がんかな?と思ったら、独りで不安を抱えず、私たちにご相談ください。

多職種が協同し、治療と生活を多方面から支援。

診療に携わるのは、私たち医師だけではありません。診断において重要なマンモグラフィ検査は放射線技師、超音波検査は臨床検査技師をはじめ、看護師、病理医、薬剤師、管理栄養士など、多職種が協同して患者さんの診療に携わります。そうしたなかには、がんに特化した専門資格を有するスタッフも多く、患者さんが安心して治療を受けることができます。また、緩和ケアチーム、がん相談支援センター、がん看護外来なども設置し、治療はもちろん、社会生活を多方面から支援しています。

TOPICS

国や学会に認められたがん診療の医療機関

当院は、2019年3月、厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。がん診療連携拠点病院とは、全国どこにいても、質の高いがん医療を受けられるよう整備されたもので、これらの医療機関は、専門的ながん医療の提供、がん診療の地域連携協力体制の構築、がん患者・家族に対する相談支援及び情報提供等を行っています。また、私たち乳腺外科は、日本乳癌学会認定施設であり、医師や治療、設備などに関するさまざまな要件を満たした医療機関として認められています。

 

記事一覧

WEBセミナー 一覧

  • 【録画配信】乳がん検診で異常を指摘されたら

    【録画配信】乳がん検診で異常を指摘されたら

    2021年2月27日(土)、中日新聞LINKED主催・岡崎市民病院共催にて、Web市民公開講座を行いました。 そのセミナー動画を配信しますので、当日参加できなかった方・参加したけれどもう一度見たい方は、下記のフォームから…