心臓と血管を守る。生活の質を守る。岡崎市民病院 循環器内科。

救急疾患、急性・慢性疾患に幅広く対応。

私たち循環器内科は、主に心臓、血管の病気を診る専門の内科です。最新の診断・治療技術をもとに、救急疾患から急性疾患、慢性疾患まで対応。市民の皆さんの生活の質を守ることをめざしています。本ページは、私たちの心臓と血管に関する知識を、皆さんの知恵にしていただきたくて設けました。動悸や息切れが気になったときは、診察を受けるには。また、循環器の病気について、さらには、Webセミナーのご紹介など、皆さんと私たち循環器内科を繋ぐWebサイトです。どうぞご活用ください。

カテーテルによる低侵襲治療に力を注ぐ。

循環器内科では、カテーテル治療、血管治療、ペースメーカー治療、集中治療などを行っています。病名でいうと、心臓弁膜症、心筋梗塞、狭心症、腎動脈狭窄、頻脈性不整脈、心不全等など。なかでもカテーテル治療は、医療用の細い管を血管に通して行うものであり、いわば循環器内科での手術。負担の少ない低侵襲治療として、高齢患者さんを中心に大きく支えています。そうした治療に加え、急性期治療後の心臓リハビリテーション、あるいは、再発防止に力を入れるなど、患者さんを見つめた診療活動に努めています。

循環器内科のエキスパートによる高質治療を。

循環器内科には、12名の医師がいます。多くは認定医・専門医・指導医といった資格を持つ、循環器内科のエキスパートです。実際の治療活動では、看護師、放射線技師、検査技師、リハビリスタッフ、臨床工学技士、栄養士といった多職種とチームを編成し、一人ひとりの患者さんへのより良い治療提供を行っています。また、通常の手術室機能と、血管のX線撮影装置を組み合わせたハイブリッド手術室を整備し、心臓血管外科とともに、低侵襲治療と通常の手術での治療提供を可能としています。

TOPICS

経カテーテル大動脈弁置換術<TAVI>を実施。

大動脈弁狭窄症は、心臓の左心室と大動脈の間にある「大動脈弁」が、何らかの原因で硬くなる病気です。これには開胸手術によって、機能が低下した大動脈弁を、人工弁に置き換える治療法となり、高齢患者さんには、身体への負担が大きく手術を諦めるが多くいました。そこに登場したのが、「経カテーテル大動脈弁置換術<TAVI>」。心臓が動いている状態で、カテーテルを使い人工弁を装着する治療法です。当院では令和2年10月に認定施設となり、私たち循環器内科において実施しています。

 

記事一覧

  • 心臓弁膜症の治療、高齢でもあきらめないで。

    心臓弁膜症の治療、高齢でもあきらめないで。

    心臓弁膜症のなかでも、加齢や動脈硬化により増えているのが、全身に血液を送り出す大動脈弁がうまく開かなくなる「大動脈弁狭窄症」や、僧帽弁がうまく閉じなくなり、血液が逆流する「僧帽弁閉塞不全症」です。 今回は、大動脈弁狭窄症…

  • シニアの動悸や息切れ、もしかして「心臓弁膜症」かも!?

    シニアの動悸や息切れ、もしかして「心臓弁膜症」かも!?

    「階段を上ると、胸がドキドキする」「歩いていると、息切れすることがある」—最近、そんな自覚症状はありませんか。少々、動悸や息切れがあっても、「歳のせいだろう」と見過ごしがちですが、実は心臓弁膜症のサインかもし…

WEBセミナー 一覧

  • 【録画配信】歳とともに忍び寄る心臓弁膜症

    【録画配信】歳とともに忍び寄る心臓弁膜症

    2021年2月27日(土)、中日新聞LINKED主催・岡崎市民病院共催にて、Web市民公開講座を行いました。 そのセミナー動画を配信しますので、当日参加できなかった方・参加したけれどもう一度見たい方は、下記のフォームから…