特集〈LINKED-Plus〉

地域で消化器がん医療を完結させるために。

総合的な医療を提供する病院とがん専門病院の特色が一つになって、新しい地域医療の扉を開く。

内視鏡を用いた消化器がん治療を強化。


平成31年4月、岡崎市に愛知県がんセンター愛知病院(以下、愛知病院)が経営移管された。愛知病院はがん医療を専門とするがん診療連携拠点病院。そして、岡崎市民病院は、三次救急を担い総合的な医療を提供する地域の中核病院。両者の専門性の高い医療機能を集約させることにより、消化器がんに対する医療全般を切れ目なく、継続的に提供する体制を整えたのだ。

移管から1年余り、岡崎市民病院の内視鏡センター(消化器内科)を訪ねた。内視鏡センターは救命救急センターに隣接し、緊急の内視鏡検査・治療を行うほか、消化器がんに対する高度で低侵襲(傷が小さく、痛みが少ない)の治療を行っている。「この1年を振り返ると、より一層内視鏡センターの能力を発揮できるようになったと思います」。そう語るのは、移管に伴い、愛知病院から赴任した、消化器内科統括部長の藤田孝義である。その言葉を裏づけるように、以前に比べ、内視鏡を用いた消化器がんの検査・治療件数は増加している。「私たちが力を入れているのは、早期消化器がんの内視鏡診断と治療です。早期に発見できれば、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)により、確実に治すことができます。また、膵臓がんに対する内視鏡診断のほか、特殊なところでは、小腸カプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡を用いた、小腸疾患の検査・治療も行っています。また、肝臓がんに対する超音波検査と局所治療を、積極的に行っています。」(藤田)。

さらに、同院では進行がんに対する緩和目的の内視鏡治療にも力を注いでいる。それが、ステント(網状金属の管)治療だ。がんが進行し、胃や大腸が閉塞すると、食事が取れなくなるだけでなく、激しい嘔吐などを引き起こす。そうした痛みや苦しみを和らげるために、同院は内視鏡を用いて閉塞部位にステントを留置する治療を実施している。「愛知病院では、こうした緩和治療にもコツコツ取り組んできました。当院でもその実績を活かし、がんと闘う患者さんに、高度な低侵襲治療からQOL(生活の質)を高める治療まで、一貫して提供していきたいと考えています」と、藤田は意欲を語る。

 

コメントを残す

*